足むずむず症候群|根本から治す

足むずむず症候群を根本から治しましょう。スッキリ悩み解消!
MENU

足むずむず症候群を治す

最近マスコミにも取り上げられたむずむず脚症候群は、
レストレスレッグス症候群とも呼ばれます。
生命に関わるようなことはないとされていますが、
この病気をそのままにしておいてもいいのでしょうか。
この病気は、日本人全体の2〜5%が潜在的な患者と言われる神経疾患です。

 

 

2種類あるむずむず脚症候群

むずむず脚症候群は、脳内の神経伝達物質であるドーパミンの機能障害、または鉄欠乏、
あるいは遺伝的要因で起こるとされる特発性の一次性と、別の病気が原因の二次性の2種類があります。

 

特発性の一次性は、生命に関わることはないとされていますが、
夜に脚がむずむずするため寝つくことができず、不眠症になることがあります。

 

また、乗り物の中や会議中など昼間に起こると厄介です。
何らかの別の病気が原因で起きる二次性の場合は、既に罹っている病気にもよりますが、
それを放置すると重大な状態になるリスクがあります。

 

このような病気には、鉄欠乏性貧血や透析中の慢性腎不全、
パーキンソン病やうっ血性心不全、脊髄疾患や関節リウマチ、
さらには多発神経炎などがあります。
別の要因では、ビタミンBや葉酸の欠乏や妊娠中に起こることもあるそうです。

 

 

むずむず脚症候群の治療方法

この病気の治療方法には薬を使わない非薬物治療がありますが、
二次性の場合は既に罹っている疾患を治療します。

 

その際にはむずむず脚症候群の原因となり得る薬剤の投与は中止します。
さらに、カフェインやアルコール、ニコチンの摂取を控え、規則正しい就寝と起床に努めます。

 

また、就寝前に少し歩いたり、マッサージを受けるなどです。
薬を使う薬物療法では、鉄欠乏の時には、鉄剤を投与します。
ドーパミン作動薬や、抗てんかん薬による治療もあります。
あるいは、不眠症を防ぐための睡眠導入剤の投与もあり、
薬物療法は非薬物治療と並行して行われます。

 

足がむずむずする原因は何?

足むずむず症候群になると、足に絡みつく不快感から逃れるために、
足を頑張って動かしたり、叩いたりしてしまうという人も多いと思いますが、
だからと言ってむずむずとした症状が治まることは残念ながらありません。

 

足がどうしてむずむずしてしまうのか、その原因について考えてみましょう。

 

実は神経疾患

足がむずむずするのは、何か疲れている時などにも生じますが、
この場合はストレスなどによって神経が過敏になっている場合です。
そのため、少し安静にしていると次第に治っていきます。

 

しかしながら、足むずむず症候群の場合は少し事情が違っています。

 

脳からの神経伝達のメカニズムが、何かの理由によって異常を生じていて、
そのために足がむずむずした感じが出るようになります。

 

かいたり叩いたりした人は、やってみて「何か違うな」と思ったと思いますが、
皮膚ではなくその奥にある触れられない神経に原因がありますから、
かいたり叩いたりしても効果はないのです。

 

足むずむず症候群は、まだはっきりとメカニズムが解明されておらず、
治療にはある程度の期間が必要となります。

 

原因と考えられているもの

足むずむず症候群は、原因不明である突発性のものと、
病気や治療薬などの原因による二次性のものとに分かれています。

 

突発性の場合

突発性の場合、原因と考えられる説がいくつかあります。

 

・ドーパミンの異常説
神経伝達物質であるドーパミンの分泌や受容体に異常があって、
脳からの指令が正しく伝わらないためにむずむずした症状が出ているという説です。
実際、ドーパミンの生成に関わる鉄分が不足している貧血の人は症状が出やすく、
男性よりも女性が多いことも鉄分が関係していると考えられています。

 

・遺伝説
足むずむず症候群になる遺伝子が発見されているわけではないですが、
家族に症状を持っている人がいると、生じやすいことが統計からわかっています。

 

二次性の場合

また、二次性の場合には、パーキンソン病や、鉄欠乏性貧血、慢性腎不全などの疾病、
また抗うつ薬などの影響が考えられています。
足むずむず症候群

更新履歴
このページの先頭へ