足 むずむず 症候群

足むずむず症候群を根本から治しましょう。スッキリ悩み解消!
MENU

様々な睡眠障害に注意

近年、睡眠障害で困っている日本人が増加しているそうです。

 

単純に眠れない場合もあれば、睡眠中に覚醒してしまったり、
睡眠時に呼吸が停止したりするようなタイプの睡眠障害もあります。

 

睡眠障害に関して詳しく見ていきましょう。

 

■色々な睡眠障害
・不眠症
不眠症と睡眠障害を同じものだと考えている人もいるでしょうか、
医学的に言えば、実は不眠症は睡眠障害のタイプの内の1つです。

 

不眠症は、熟眠障害、早期覚醒、中途覚醒、入眠障害に類別され、
これらの症状が一定以上の頻度や期間で起きている状態を「不眠症」と呼びます。

 

ですが、例えば「○○時間以上眠れなければ〜」というような
明確な基準があるわけではなく、
個々人について「日々の生活に支障をきたしている」状態を不眠症と判断しています。

 

・SAS(睡眠時無呼吸症候群)
眠っている最中に何らかの要因で気道が閉塞してしまい、
呼吸が止まり、脳への酸素の供給が足りなくなる症状の事をSASと言います。

 

このせいで睡眠中に脳がきちんと休まらず、日中に酷く眠くなる場合もあります。
もちろん呼吸が止まっている状態が長引くと、死亡してしまう事もあります。

 

・概日リズム睡眠障害群
「通常の生活リズムとは大幅な差異が出てしまっている」という症状です。
昼夜が裏返るような生活を継続していたような折に、体内時計が狂い、
自律神経がチェンジするタイミングや睡眠が
おかしくなってしまうために発生する不眠症状であると言われています。

 

・睡眠関連運動障害群
周期性四肢運動障害や、足むずむず症候群の事を
総じて「睡眠関連運動障害群」と言います。
足がピクピク動作したり、違和感を覚えたり、むずむずしたりする事が原因で、
なかなか入眠できなくなったり、夜中に目が覚めたりする事が多くなります。

 

筋肉や肌の異変が原因であると感じがちですが、
実際には、脳からの指令を伝えるための神経に異変が起きているせいで生じる症状です。

 

神経系と睡眠には密接な関わりがあるので、神経内科にて治療を進める事になります。

 

・過眠症
文字通り睡眠し過ぎる疾患であり、これも身体に良くありません。
未だ良く分かっていない部分が大半なのですが、十分睡眠を取っているのに、
日中に酷く眠くなるなどして、日々の生活に支障をきたしてしまう病気です。

 

このページの先頭へ