足 むずむず 症候群

足むずむず症候群を根本から治しましょう。スッキリ悩み解消!
MENU

妊婦がむずむず足症候群になりやすい理由は?

足むずむず症候群は、妊婦に目立つ病気であると見られています。
その原因とケア方法をお伝えしていきます。

 

■なぜ妊婦に目立つのか?
そもそも女性の方が男性よりも患者数が多く、
特に妊婦の場合は20パーセント程度の確率で
足むずむず症候群になってしまうと見られています。

 

足むずむず症候群の要因はまだ解明されていませんが、
ドーパミン(神経伝令物質)の異変が関連しているという説が有力です。
実際患者の大半から、ドーパミンの状態や生成量の異常が確認されているようです。

 

そして、このドーパミンを作るには鉄分などが必須です。
男性よりも女性の方が鉄分が足りなくなりやすい傾向にあるので、
女性の方が足むずむず症候群になりやすいと言われているのです。

 

ですから鉄分が足りない事が原因で生じる貧血にも女性の方が見舞われやすいですし、
この種の貧血になっている方は、足むずむず症候群にも陥っている場合が多いそうです。

 

そして、妊婦の場合は胎児がいる影響でさらに多くの鉄分を消費する事になります。
ですから、妊婦は足むずむず症候群に陥りやすいと言われているのです。

 

また、妊娠の影響で脊髄が圧迫される事も少なからず影響していると見られています。

 

■妊婦の足むずむず症候群対策
鉄分が要因である可能性が高いので、鉄分をきちんと摂るようにしましょう。

 

また、眠りにくくなってそれが原因でストレス過多になる恐れもあるので、
生活習慣を改善して、身体を眠りやすいコンディションにしていきましょう。

 

また、飲酒したりカフェインを摂取したり、夜更かししたり、
夜間に明るい所に外出したりするのも避けましょう。
睡眠の質がダウンしてしまいます。

 

ただし、妙に自分に厳しくし過ぎても、それはそれでストレスの原因になります。
生活習慣を改善させつつ、涼しい時や明るい時などに
少し散歩を行ってみると良いでしょう。ストレスを程良く発散する事が重要です。

 

足むずむず症候群に事を抜きにしても、これらの行為は
母体や胎児に良い影響を与えますので、できる限り取り組んでみましょう。

 

また、もちろん妊婦でない場合でも、これらの行為は足むずむず症候群の対策となります。
授乳中母乳ハーブティー

 

 

このページの先頭へ